医療現場における薬と健康維持

医師も健康管理はしているようですね

健康には医師の言葉が、一番見にしみるのではないでしょうか。
医師の方々の健康管理というのは、一番は病院に毎日いることで、体内の免疫を作られている、と言う結果が報告されています。

 

本当のところは不明ですが、菌まみれの病院にいることで、身体が丈夫になっているようですね。
これと同じく、子供の頃から菌との生活を慣れさせておかないと、人間の身体の菌への強さがなくなり、菌の強さに体力的にも精神的にも負けてしまう時が、来るかもしれないということです。

 

今までと同じ方法ではなく、菌をインフルエンザ予防のように、身体に取り込むようにして、人間の身体を菌より強くしていくしかないでしょうね。
医師に言わせると、菌との共存を避けるようになっていて、予防や清潔感をあまりに出しすぎているのが、近頃ヒドイと言っています。

 

問題は清潔にしすぎることで、風邪にひきやすい身体、アトピーやアレルギー、ぜんそくなどの症状を訴える人が急増しているということです。

 

汚い環境が良いというわけではなく、過剰な清潔感はなくても良いということでした。
医師の健康管理も一般の方と同じで、インフルエンザ予防のワクチンは毎年接種しているようです。

 

インフルエンザは毎年ワクチンが変わるからということで、免疫がつかない病気だからだそうです。

 

あとは、医師でもビタミン剤は飲んでいるそうです。
食事から接種出来るビタミンは限られていて、体内に保存できないからということです。

 

薬に頼りすぎないで、自分の食事や睡眠から健康を考えるのは、私たち一般人となんら変わりはありません。

 

ちなみに、医師でもやはり風邪を引くことがありますが、そんな時は「ウガイ」を重点的にするそうです。
ウガイは風邪の予防にも助かりますし、風邪かなと思った時にも効き目があるようです。

 

家に帰れば、ウガイ手洗いをすることは一般家庭と同じようで、薬を飲んで治すことよりも一番の効果が現れるそうです。
医師も、健康には気をつけているのですね。